埋葬されてもゲームがしたい(仮)

PCゲーム中心に書いてます

精神的続編になるか? Back to the Future: The Game

Steam:Back to the Future: The Game (1,980円:日本語化可能)

www.youtube.com

バック・トゥ・ザ・フューチャー:ゲームの全エピソードの日本語化が完了された記念に

  ストーリー

あの冒険から半年以上が過ぎた、1986年5月14日。思わぬ形でドクとの思い出を呼び覚まされたマーティは、母ロレインに促されドクのガレージを訪れる。そこでは、失踪者扱いとなっていたドクの持ち物が市によって「遺品セール」として売り出されていた。
困惑するマーティだったが、父ジョージやビフに「ドクは生きている」と話しても事態は変えられない。と、ガレージの中で一冊のノートを発見する。それは次元転移装置の構想が書かれたドクのノートだった。
突如として、ガレージの外で閃光が走り、聞き慣れたソニックブーム音が鳴り響く。外に出たマーティが見たものは、半年以上前の1985年10月27日午前11時、1885年から戻った直後にディーゼル機関車と正面衝突して破壊されたはずのデロリアン[4]であった。車内にはドクの愛犬アインシュタインがいるだけでドクはおらず、その他には女性ものの靴の片方、そしてドクからのメッセージが録音されたテープレコーダーがあるだけだった。
「マーティ、私を助けに来てくれ」
デロリアンに残された靴の匂いをアインシュタインに嗅がせたマーティは、ヒルバレー高校のストリックランド教頭の姉・エドナの元へとたどり着く。エドナが収集している新聞から、マーティは「カール・セーガン」と名乗るドクが1931年6月14日に闇酒場に放火した罪で逮捕され、裁判所の前で何者かに殺された事を知る。ドクを救うため、マーティはアインシュタインと共に再びデロリアンに乗り込み、禁酒法時代の1931年へと旅立つ。Back to the Future: The Game - Wikipedia

感想 

Telltale Gamesシリーズなのでアドベンチャーとしての質は文句なし!ゲームとして楽しめる

ストーリーは過去の少年ドクがメインになっている。ドクと科学のルーツを知ることができる

プレイ時間としては1つのエピソードが2時間程、全部で5エピソード

1つのエピソードが終わる度に無事解決…と思いきや未来~過去に悪影響が出てそれをまた修正しにいくというおなじみの形式である

 

映画の脚本家ボブ・ゲイルが監修しているので、世界観は最高

タネンには馬糞 カースタントといったお約束の小ネタやカメラアングル等がたくさんある。ちょっとした看板等にもネタがあるので映画と見比べてプレイするとまた楽しめるかも

また映画版ドクの人が声優を担当してたり、マーティ役の人も少し主演しているのがワクワク要素が高い。ゲームのマーティ役の声優がすごい似てるがとてもいい

 

個人的にはこれが続編だとしても良いんじゃないかな…と思うくらい満足した出来でした 

映画もゲームも舞台はずっとヒルバレー。小さな場所なのに壮大なスケールを感じるからこそ魅力的な作品なんだなと思います

_____

日本語訳に関しては口調や一人称や二人称での言葉をキャラクター毎に合わせており、とても丁寧な翻訳でこのゲームを存分に楽しむことが出来ました。感謝しています